経験豊富な医師の元で受けることが重要な大腸の内視鏡検査

大腸がんを早期に発見するためにも、大腸の内視鏡での検査を行うことはとてもおすすめです。健康診断などで大腸がんを調べる場合には、便潜血検査で調べることができます。便潜血検査とは、専用の容器に便をつけて検査の施設や病院に提出することで調べることができます。提出された便を調べることによって、便の中に血がまじっているかないかがわかります。血が混じっている場合には、がんの疑いがあるためもっと詳しい検査が必要になります。しかし、このような便潜血検査では、がんが進行してからでないと見つけられないこともあります。また、がんではんく痔などのほかの病気でもがんと疑われてしまうことがあります。痔などの場合でも詳しい検査が必要になるため、精神的な苦痛も多くなります。便潜血検査で陽性であった場合には、レントゲンでの検査を行うことも多いです。

レントゲンの場合には、苦痛を伴うことも少なく医師の経験もあまり関係ありません。しかし、レントゲンの検査では見つけられない種類のがんもあります。そのため、もっと正確な精密検査をする場合には、内視鏡の検査をすることになります。しかし、どの病院で大腸の内視鏡の検査を受けても良いとは限りません。大腸の内視鏡の検査を行う場合には、しっかりと病院の情報を集めてから受けることが大切なことです。このような検査を行う場合には、経験が豊富な専門医の元で検査を行うことがとて重要です。検査の経験の浅い医師が行うとひどい痛みを感じたりすることがあります。ひどい痛みを防ぐために強い麻酔をしたりすると、ときには腸の壁をやぶってしまうような危険なこともあります。そのため、病院や医師の評判などをしっかりと調べてから検査する病院を選ぶことがおすすめです。内視鏡の検査を行う場合には、麻酔をします。しかし、経験の浅い医師が検査を行うと痛みを感じやすいからといって、強い麻酔をかけることはとても危険です。経験の豊富な医師のもとで、浅い麻酔で検査を行うことが理想的でおすすめです。痛みを伴うような不安のある大腸の内視鏡の検査ですが、他の検査に比べてとても正確な結果を得ることができます。

小さながんも確実に発見することができます。また、ポリープが発見された場合には検査と同時にポリープの切除もすることができます。安全で安心な検査を受けるためにも、念入りに検査を受けることができる病院を調べることがとても重要なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *